オロナミンCはカフェインが入っているの?妊娠中に飲んでも大丈夫?

大塚製薬から発売されている炭酸栄養ドリンクの「オロナミンCドリンク」。

「元気ハツラツ!」のキャッチコピーは有名ですよね。

そんな、オロナミンCにカフェインが入っているのか、妊娠中に飲んでも体に悪影響はないかお伝えします。

⇒大塚製薬 オロナミンC ドリンクの詳細はこちら

オロナミンCはカフェイン入り?妊娠中に飲んでいいの?

オロナミンCは妊娠中でも飲みすぎなければ大丈夫です。

オロナミンCには確かにカフェインが含まれています。

ただし、そのカフェインの量は1本18mg。

缶コーヒーだと1本50mgに相当します。

カフェインは妊娠中の場合100mgまでならば問題ないと言われていますので、コーヒーや紅茶でも無糖の物ならば2.3杯飲む分には全く問題はありません。

なのでオロナミンCを飲むことでカフェインが心配だ。

というのあくまでも俗説です。

 

妊娠中はとかく甘い飲み物が欲しくなります。

疲れやすくもなるのでオロナミンCを飲みたくなる気持ちはよくわかります。

 

ただし、ここで一つ注意事項があります。

オロナミンCにはかなりの糖分が含まれています。

幾ら疲労回復の為とは言っても当分の取りすぎは退治だけでなく自分の健康も害する可能性が高いです。

なのでくれぐれも飲み過ぎには注意して下さい。

飲みたくなっても1日1本に留めておくのが無難です。

 

妊娠中はお腹に何KGの重さがいつもかかっている状態。

辛いお気持ちはわかりますがくれぐれも糖分の取りすぎには注意して下さい。

⇒大塚製薬 オロナミンC ドリンクの詳細はこちら

子供が飲んでいいでしょうか?

オロナミンCは子供も飲んでいいんです。

理由は、オロナミンCは栄養ドリンクというイメージがありますが、ジュースと一緒で炭酸飲料です。

だから子供も飲んでいいんです。

キャッチコピーでも「子供からお年寄りまで」という文句があります。

なので、オロナミンCを子供が飲んでいいんです。

飲ませてはいけないということは絶対にありえません。

 

ただし、オロナミンCにはたくさんのカフェインや糖分が含まれています。

幾らキャッチコピーに「子供から年寄りまで」とあるからと言っても、幼い内からまるごと1本飲ませるのは非常に危険です。

高校生になった時ぐらいに、糖分の過剰摂取の影響が出てくる可能性があるからです。

それにオロナミンCには先ほども書きましたがカフェインが含まれています。

余り飲ませすぎると夜眠れなくなるという副作用も起きるのです。

 

まず、オロナミンCを与える時には絶対にお菓子等を与えないでください。

これで当分の取り過ぎを防げます。

一番飲むタイミングとしていいのは、これは私個人の意見ですが夏の暑い間の外出中です。

やはり熱中症のリスクも伴うので、カフェインの入っているオロナミンCを半分ずつ飲むことで脳も活性化され、糖分補給にもなり水分補給にもなり熱中症のリスクを下げられるのではないかと思うのです。

つまり、飲ませ方に工夫をすれば何も問題はありません。

オロナミンCを飲むと陣痛が来るジンクスってホント?

これは全くと言って言い程のデマです。

オロナミンCと陣痛のジンクスは医学的には立証されていません。

 

ではなぜ、このようなデマが発生するのでしょうか?

それはオロナミンCに含まれる栄養素と関係しています。

オロナミンCにはカフェインと糖分が多く含まれています。

なのでこれらを上手に摂取すれば陣痛が来るのではないかという、妊婦さんの思い込みによるジンクスがあるからなのです。

 

実際にオロナミンCを飲んで陣痛が来た。

という妊婦さんの話も聞きますが、オロナミンCと関係があるという医学的な根拠が全くないので、あまりこのジンクスは信用しない方が良いでしょう。

 

確かに、オロナミンC自体に陣痛を起こす効果は全く期待できません。

ただ、妊娠中の疲労回復やストレスの解消には適度なオロナミンCの接種は有効です。

これは紛れもないジンクスです。

コーヒーや清涼飲料水よりも栄養価も高くカフェインも低い。

もちろんの見過ぎは絶対にNGですが、1日に1本程度飲むくらいならばかえって快適な妊娠ライフを送れる手助けになります。

 

陣痛が来るジンクスは全くのデマですが、妊婦さんの助けになる素晴らしい飲み物であるジンクスは本当なので信用していいと思います。

飲みすぎると体に負担がかかる?

オロナミンCは飲みすぎると体に負担がかかります。

確かに、オロナミンCはその名の通りビタミンCも入っているので積極的に飲めば健康になれるというイメージがあります。

でも、オロナミンCの糖分は相当の量です。

飲み過ぎると過剰摂取になり、糖尿病や高血圧等様々な悪影響を及ぼします。

 

オロナミンCはあくまでも清涼飲料水。

ジュースと一緒の扱いなので、ジュースを飲み過ぎると良くないように、オロナミンCも飲み過ぎると体に悪影響を及ぼすのです。

それに、美味しいからと言って寝る前に飲むのもNGです。

カフェインが入っているので夜眠れなくなりますよ。

 

前に書いたことを読むとオロナミンCは飲んではいけない。

と思うような文章ですが、私が言いたいのは飲む量とタイミングさえ間違えなければ、普通の清涼飲料水よりも害がないということです。

疲労回復の効果は清涼飲料水よりも優れていますし、夜寝る前に飲まなければ眠れなくなる心配もありません。

ただし飲みすぎると。

これが一番のポイントですが、どうしても飲みすぎると糖分の過剰摂取になり、後々痛い目にあう可能性があるということです。

 

飲みすぎると負担がかかる。

これを守って美味しく味わってください。

そうすれば全然問題ないですから。

⇒大塚製薬 オロナミンC ドリンクの詳細はこちら

オロナミンCの効果的な飲み方とは?

オロナミンCの効果的な飲み方は様々あります。

オロナミンCには糖分とカフェインが含まれています。

なので、「疲れた時」や「眠くなった時」に飲むと丁度良いのです。

 

みなさんデスクワークをしていて疲れて眠くなる時ありませんか?

そういう時には、コーヒーよりもオロナミンCが効果的です。

眠くなった時にオロナミンCを飲むことによって、眠気も吹っ飛ぶので効果的な飲み方と言えるでしょう。

後、肉体労働の方も清涼飲料水よりも疲労回復効果が良くて、リポビタンDよりも美味しいので疲れた時に飲むのが効果的な飲み方です。

 

オロナミンCの効果的な飲み方は2通りです。

・一つ目は、寝てはいけないけど眠くてしょうがない時。
・二つ目は、疲れてどうしようもない時。

どうして、オロナミンCなのかというと「糖分」です。

「糖分」は脳みそにとって唯一の栄養素です。

それを一緒に補給することによって眠気もさめて脳もしゃきっとします。

疲労回復効果も「糖分」で期待できます。

 

オロナミンCは疲れて眠い、でも寝てはいけない。

そんなジレンマに、陥った時に飲むのが効果的です。

頭もさえて、疲労回復も見込めます。

飲みすぎなければ体に悪影響はないので、自分に一番合った効果的な飲み方を美味しく味わってください。

→この商品に興味のある方はコチラの記事もおススメです。

タイトルとURLをコピーしました